FC2ブログ

町の職員が理事を務めるNPO法人へ町が業務を委託した事件

 日本海新聞が3月26日に掲出した「2358万円返還請求 大山王国不適切事務住民訴訟」は、大山町がNPO法人大山中海観光推進機構(大山王国)に委託した業務で不適切な事務処理があったとして、住民団体が同町に対し、同法人と元町幹部職員の男性、前町長に約2800万円を返還させるよう求めた住民訴訟の判決で、鳥取地裁が25日、2358万円の返還を同法人や元職員に求めるよう町に命じたと報じる。

 本件の住民請求監査の結果は、公式サイトに「平成29年2月20日付け住民監査請求の監査結果について」として掲出されている。それによると、監査委員は、1,112,400円の返還を命じている。この監査請求には、事実を知ったのは事務執行監査の「平成28年12月22日付報告書」 によってである旨の記載がある。この事務執行監査は、地方自治法第199 条第6項の規定に基づく首長要求監査であり、町の職員が理事を務めるNPO法人に町が業務を委託していた事件について監査したものである。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる