FC2ブログ

2カ所への要求を同一文にしている事例

 毎日新聞サイトが10月28日に掲出した「8億円かけた情報漏えい防止システム、一度も使われず廃止 会計検査院指摘」は、サイバー攻撃による政府機関からの情報漏えいを防ぐために総務省が18億円かけて開発した情報管理システムが、運用開始から2年間一度も使われないまま廃止されていたことが、会計検査院の調べで判明したと報じる。データの文字や数字がすべて画像化されてコピーもできない仕組みで、各省庁が利用を希望しなかったという。検査院は28日、総務省が需要を十分把握せずに開発を進めていたと指摘したとのこと。

 会計検査院サイトは28日に「会計検査院法第34条の規定による処置要求及び同法第36条の規定による意見表示」として、その全文(「政府共通プラットフォームにおけるセキュアゾーンの整備について」(PDF形式:783KB))を掲出した。これによると指摘の趣旨は次のとうり。

 総務省において、セキュアゾーンの整備に当たり、需要の把握、利用規模や費用対効果の検討、各府省との調整等を十分に行っておらず、その結果、セキュアゾーンが本来の目的で利用されることなく廃止され、本来の事業効果が発現していない事態は適切ではなく、是正改善を図る要があると認められる。また、セキュアゾーンの整備に関して、予算の把握に基づく調査、調整等が十分でないなど、ITガバナンスが十分に機能していない事態は適切ではなく、内閣官房において改善の要があると認められる。


 前段が総務大臣に対する34条処置要求、後段が内閣総理大臣〔〕に対する36条処置要求ということだろう。サイトでの公表文を見ると、同文を双方に送ったように読めるが、そうなのか? 自分が何を要求されているか分からないのではないか? せめて送附文は別にすべきではないのか?
 この検査報告について、日経XTECHが掲出した「政府IT調達の無駄遣いなくせるか、不安抱かせるあの「不祥事」」〔玄 忠雄〕が言及している。記事によると、政府がIT予算を効率化する調達改革をに力を注いでおり、2020年度からの2本柱は「民間クラウドの活用」と「IT調達のガバナンス強化」で、その狙いは「IT予算の無駄遣いの撲滅」だが、その「IT予算の無駄遣いを撲滅する」取り組みで、図らずも成功に疑問符を投げかける不祥事が見つかったとしてこの検査報告に言及している。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる