FC2ブログ

県によって対応がばらばらという指摘

 TBSニュースサイトが3月20日に掲出した「「レセプト審査」めぐり会計検査院が厚労省に意見」は、国民健康保険などの医療費の審査、いわゆる「レセプト審査」のチェック項目が都道府県の国保連合会によって十分に活用されていないことが分かり、会計検査院が国民健康保険などを所管している厚生労働省に対して、適正化するよう意見を示したと報じる。記事によると、会計検査院が25の都道府県にある国保連合会を検査したところ、医療費請求の審査を行う「レセプト審査」のコンピューターチェックが統一されていないことが分かったとのこと。レセプト審査には5136の項目があるが、検査した25の都道府県で採用されている項目の平均数は3940項目で、全てを採用しているところは1つもなかったと記事は伝える。

 公平に対処すべきことに組織的統一性が欠如している統制不備の指摘。会計検査院のサイトにはここに掲出されている。ただ、不当性があるとは認定していないようで、36条適用。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる