原子力損害の賠償に関する国の支援に関する会計検査

 中日新聞サイトは3月23日に「原発事故、国の利息負担2千億円 会計検査院が試算」〔共同〕を掲出し、福島第1原発事故の賠償費用などとして国が用意した無利子の貸付枠13兆5千億円を東京電力が使い切った場合、全額回収には最長で2051年度までかかり、この間、国には最大で2182億円の利息負担が生じることが会計検査院の試算で分かったと報じる。検査院は「金利が上がれば負担が増え、新たな資金調達が必要になる」などとしたと記事は伝える。

 この会計検査院の試算は同日に参議院へ提出された報告「東京電力株式会社に係る原子力損害の賠償に関する国の支援等の実施状況に関する会計検査の結果について」〔要旨(PDF形式:748KB)本文(PDF形式:9,801KB)〕で明らかにされたもの。この報告は、平成24年8月に参議院から要請があった会計検査の報告書の3回目のもの。1回目は25年10月、2回目は27年3月に行われている。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる