書籍:「監査委員事務局のシゴト」(吉野貴雄著 ぎょうせい 自治体の仕事シリーズ)

 静岡県富士市で自ら希望して監査委員事務局で6年間勤務した著者が、監査委員事務局へ配属されることが決まった人に対して、不安を取り除くために執筆した本。
 著者は、配属されたときに百冊を超える本を読んだが、自治体の監査に関する本が少ないと感じたという〔198頁〕。
 著者は、監査とは保証監査である〔4頁〕としつつ、監査の観点では、合規性・正確性のほかに、経済性・効率性・有効性や実在性・網羅性があるとしている。ただし、実在性・網羅性についての説明は少なく、合規性と何が異なるのかは不明。
 公監査と財務諸表監査は3E監査の有無で大きく異なる点については、3Eの説明は詳しく行われている〔63~70頁〕。しかし、着眼点として挙げられている「切り口」は観念的であり、定例監査で発掘できるものとは異なっている。そもそも、合規性と同様に着眼点を例示できるはずという思い込みが財務諸表監査からのアプローチを思わせる。もっとも、公監査における3Eの重要性は意識されており、「自治体の監査における課題」の一つとして挙げている「マネジメントに活かせた監査ができているか?」〔96頁〕において3Eの重要性を説いている。
 公監査関連の書籍に共通する問題点として、報告基準に関する説明が少ないことがある。この本も例外ではなく、わずかに「処置の区分」と題したコラムで静岡県と茨木市の例を挙げているに止まる。
ISBN978-4-324-10418-7
https://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BD%93%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E7%9B%A3%E6%9F%BB%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BA%8B%E5%8B%99%E5%B1%80%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B4%E3%83%88-%E5%90%89%E9%87%8E-%E8%B2%B4%E9%9B%84/dp/4324104182/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1514709199&sr=1-1&keywords=%E7%9B%A3%E6%9F%BB%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BA%8B%E5%8B%99%E5%B1%80%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B4%E3%83%88

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる