FC2ブログ

神奈川県監査委員の定期監査報告書(29年10月)における3E指摘

 神奈川県監査委員が29年10月に議会等へ報告した平成29年定期監査結果報告書には、3E監査の結果が1件指摘されている。件名は「県立高等学校及び県立中等教育学校に対する外国語指導助手の派遣に関する件」といい、教育委員会高校教育課が、人材派遣事業者と締結している、指導助 手を学校に配置する業務委託契約に関するものである。問題視しているのは、学校側の事情等により指導助手の派遣がキャンセルされた回数が1,159回に及んでいるという実状であり、ネイティブスピ ーカーの話す英語やその考え方に触れる機会が相当数失われることになると、本事業において、当初想 定された効果が十分得られないおそれがあること、また、学校側の事情等により指導助手の派遣がキャンセルされた場合には、人材派遣事業者への支払額は減額されないことにな っていることから、本事業の効率的な実施のためにも、学校側の事情等によるキャンセルを防止する必要があることを指摘している。平成 28 年度の契約総額が270,563,877 円という数字はあるものの、キャンセル回数1159の分母や、キャンセルした相当額は示されておらず、議会の質疑に委ねる形となっている。また、何らかの改善策を講じることで抑止できたキャンセルがどの程度あったのかの目安が示されていれば、もっと良い指摘になったと思われる。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる