スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県教委が副読本を選定することに反対する住民訴訟

 読売サイト九州ページが1月30日に掲出した「熊本県立中の副読本巡る訴訟、住民側の請求棄却」は、熊本県立の宇土、八代両中学校で公民の副読本として、育鵬社版「新しいみんなの公民」を県が購入したのは違法だとして、熊本市の市民団体代表らが、蒲島知事と前県教育長らを相手取り、購入費12万704円の返還を求めた住民訴訟の判決が29日、熊本地裁であり、裁判長は「教材選定に違法性はない」として、請求を棄却したと報じる。原告の「教科書ネットくまもと」は、県教委は副教材を一方的に決める権限がないのに違法に選定した、などと主張しており、控訴する方針とか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。