スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎市の定期監査は抽出監査

 神奈川新聞サイトが12月17日に掲出した「定期監査の結果公表 19件で適切な手続きや改善求める/川崎市」は、川崎市監査委員が25年度第1回定期監査の結果を公表したと報じる。財務事務の執行や市税の徴収事務などについて監査を行い、委託の成果物の提出など指摘事項6件と軽易な指摘事項13件の計19件で適切な手続きや改善を求め、合わせて市出資団体や指定管理者への監査も行い、24件について指摘したとのこと。市監査委員の公表によると、定期監査は9月2日から11月28日に行い、総務局関連では、市発注のWEB広報事業で、発注仕様書にあるリポート提出内容のうち、受託者による広報総括が提出されていなかった指摘、備蓄倉庫と南部防災センターの備蓄品については、リヤカーや車椅子の梱包段ボールにカビや腐食、荷崩れがあり、備品の使用に支障がないか把握がされていなかったとの指摘、備蓄品リストと現物に不一致が生じていた指摘などがあったとか。出資団体などへの監査では、市スポーツ協会の財務諸表の基本財産などの内訳に関わる当期末残高の額に前期末残高の額が記載されているなどしており、適正に作成すべきなどと指摘したと記事は伝える。

公表資料:第1回 総務局、財政局 監査結果(173KB)
財政援助団体等の監査 監査結果(314KB)

地方自治法第199条第4項 監査委員は、毎会計年度少くとも一回以上期日を定めて第一項の規定による監査をしなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。