朝鮮総連の固定資産税等の減免

 読売サイト関西発ページが12月10日に掲出した「「朝鮮総連の税減免は不当」大阪市監査委」は、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が使用している大阪市内の土地と建物について、固定資産税などを減免するのは不当だとして取り消しを求めた住民監査請求で、大阪市監査委員が、「(減免の要件である)在日朝鮮人一般が利用していることを確認できない」として橋下徹市長に対し、減免措置を取り消すよう9日付けで勧告したと報じる。朝鮮総連関連の施設を巡っては、固定資産税などの減免は違法だとして、市民が市に取り消しを求めた訴訟があり、大阪地裁は昨年12月、市長の裁量権逸脱、乱用があるとして、取り消しを命じていたとのこと。

公表資料:勧告(平成25年12月9日)〔概要本文

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる