スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物保存を住民訴訟で?

 西日本新聞サイトが11月27日に掲出した「「価値は認められたが…」 旧直方駅訴訟、敗訴の住民落胆 [福岡県]」は、直方市がJR直方駅旧駅舎の解体関連費用を支出したのは不当として、市民グループが向野敏昭市長に損害賠償を求めた住民訴訟の判決が26日、福岡地裁であり、訴えを棄却した判決に対し原告側が「旧駅舎の文化財的な価値は一定程度認められたが…」と残念がり、市側は手続きの正当性が認められたとしていると報じる。旧駅舎の保存運動を展開した市民グループ「101歳直方駅舎の再生を求めるネットワーク」代表で原告代表は「住民訴訟のハードルは高い」と厳しい結論を受け止めた上で、「文化財としての価値を認めるなら、判決はもう少し踏み込んでほしかった」と語ったとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。