スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非営利法人に造成された基金

 NHKニュースサイトが10月17日に掲出した「基金500億円使用見込みなし」は、国の補助金を受けて公益法人などに設けられた基金のうち、15の基金で、事業の申請が終了して使う見込みのなくなった資金が合わせておよそ500億円あることが会計検査院の調べで分かり、必要のない資金を早急に国に返納するよう求めていると報じる。公益法人などが設けた基金に国が交付した補助金は、ことし3月末までの5年間で5兆5000億円余りに上り、会計検査院では、補助金を受けた300余りの基金について調べたとのこと。その結果、15の基金で、事業の申請が終了して使う見込みがなくなったのに国に返納していなかった資金が、ことし3月末時点で合わせて500億円余りに上ることが分かったとか。このうち、一般社団法人の「環境パートナーシップ会議」は経済産業省から1100億円の補助金を受けて、エコカーの製造など環境関連の設備投資を行う企業を支援する事業を行っていたが、このうち342億円余りについて事業の申請が終了したあとも使いみちを検討せず、国に返納していなかったとの由。会計検査院の指摘を踏まえて、一般社団法人は使う見込みのない資金を国に返納したとか。会計検査院は、公益法人などに対し、必要のない資金を早急に国に返納するよう求めるとともに、各省庁に対し、基金に必要以上の補助金を出さないよう精査することや、基金の規模の見直しを求めていると記事は伝える。

公表資料:国庫補助金等により基金法人に設置造成された基金の状況について

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。