スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県監査委員は公表が好き

 読売オンラインが10月7日に掲出した「体罰あった6高校名公表…静岡県監査委員」は、静岡県監査委員が4日、定期監査の結果を公表し、2年続けて体罰があった御殿場南高校(御殿場市)や、体罰への対応が不適切だった清水南高校(静岡市清水区)など計6校について校名を明らかにしたと報じる。一方、22年度からの4年間に生徒延べ28人が計11件の窃盗に関与した県立高校1校の校名は公表しなかったとか。県監査委員として県教委が実施した体罰調査の資料の一部を調査した結果、御殿場南高校で12年8月、ハンドボール部顧問の男性教諭が合宿中に1、2年の男子生徒7人のほおを平手でたたいた体罰や、清水南高校のラグビー部顧問の男性教諭が同年8月と12月、1年の男子生徒2人の頭をラグビーボールやげんこつでたたき、教員や保護者などに説明していなかったとのこと。このほか、今回の監査結果では、部活動中に平手でほおをたたいたり、拳で額をたたいたりしていた静岡(静岡市葵区)、掛川東(掛川市)、袋井商(袋井市)、気賀(浜松市北区)の県立4校の学校名も公表したと記事は伝える。県教委は「懲戒処分ではなく、公表基準に従った」として校名は公表していなかったが、富永久雄代表監査委員は「体罰を根絶するためには、保護者や地域の人たちが協力して対応することが必要。改善状況も注視し、根絶につなげたい」として公表したとの由。一方、多数の生徒が万引きなどに関与していた県立高校名は公表しなかったが、これについて富永代表監査委員は4日の記者会見で、「特にひどい事案や多い人数でなければ、生徒や学校に配慮し、非公表としている」と説明したとの由。

 MSN産経ニュース中部ページが10月5日に掲出した「教員体罰など「指摘」が倍増 県監査結果発表 静岡」は、静岡県監査委員が4日、県の本庁や出先機関を対象に実施した定期監査の結果を発表し、教員による体罰や警察官の不祥事など法令や条例などに違反する行為として判定する「指摘」が前年度より倍増していたことが分かったと報じる。定期監査は今年度2回目で、今回は6月12日から8月23日までの間に本庁、出先機関など251機関を対象に実施し、76機関で「指摘」(23件)、「指示」(47件)、「意見」(22件)、「検討」(7件)の計99件が判定されたとの由。今回の件数を含めた本年度9月末現在の「指摘」などの件数は111件で、前年度同期に比べて25件増とか。「指摘」「指示」の事項では、教職員による体罰については校名も公表しており、県立御殿場南高校でハンドポール部の顧問の男性教諭が合宿中に男子部員7人を頬を平手で殴った件や、県立清水南高校ラグビー部の男性監督が1年生部員の頭をボールでたたいた件などについて、学校側の対応が不適切だったとしているとの由。

10月8日付け静岡県公報:監査の結果の報告(定期監査、財政的援助団体等監査)(188KB)


コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。