スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路会社が設置した橋を市町村で管理すると

 毎日jpが10月1日に掲出した「高速道:架道橋1183本、点検不備 635本は放置状態」〔古関俊樹、神足俊輔〕は、高速道路をまたぐ全国の架道橋を会計検査院が調べたところ、建設してから一度も点検していないなど、安全が確保されていない橋が約4分の1の1183本に上ることが分かったと報じる。コンクリートが劣化した危険な橋が多数放置されている恐れがあり、検査院は各高速道路会社に対し、管理者である自治体の点検状況を確認するよう要請する方針と記事は伝える。架道橋は、高速道路で分断された地域の通行を確保するために高速道路会社側が造るもので、橋の上は市町村道などが通り、各社と協定を結んだ自治体側が維持管理しているとのこと。検査院が調査したのは、東日本、▽中日本、▽西日本、▽首都、▽阪神、▽本州四国連絡、の6高速道路会社管内にある架道橋4484本だが、うち635本は建設後全く点検されておらず、点検したかどうか書類などで確認できない橋も548本あり、全体の26%に問題があったとの由。自治体の担当者は「架道橋は住民の生活道路であることが多く、交通量が少ない。維持管理の予算が足りず、人員も限られ、点検の順位が後回しになっていた」などと説明したとか。架道橋は高速道路とセットで造られ、建設後40年以上が経過して老朽化したものが多く、21年2月には静岡県内の東名高速で、橋から剥がれたコンクリート片が落下するトラブルも起きているとか。検査院は、高速道路を走る車が危険にさらされているとして、道路会社に自治体と協力して安全を確保するよう求める方針と記事は伝える。

 日経サイトが10月1日に掲出した「国交相「高速道路会社と自治体は連携を」 陸橋管理で」は、太田昭宏国土交通相が1日の閣議後の記者会見で、高速道路の陸橋で全く点検されていないものが多数あることが会計検査院の調べで判明したことについて「(陸橋を)管理する自治体と高速道路会社が連携し、適切に検査・維持管理するように指示した」と述べたと報じる。また、国交相は国と高速道路会社が直接、管理している全国約1千本の陸橋については全て検査済みで、問題はないとの認識を示したとも。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。