鳥取県議会の政務調査費で勧告

 読売サイト鳥取ページが8月20日に掲出した「県議3人政調費不適切支出 県監査委」は、鳥取県議に支給された23年度の政務調査費に不適正な支出があるとして、市民オンブズ鳥取が、県に返還を求めていた住民監査請求について、県監査委員が19日、3議員の14件計約35万円を不適切な支出と認定し、すでに返還された分などを除く約8万円の返還を求めるよう平井知事に勧告したと報じる。県監査委員によると、▽谷村悠介議員が23年度末に購入したパソコンなど物品7件(計20万8820円)、▽浜崎晋一議員の後援会広報紙の郵送料など3件(12万8150円)、▽上村忠史議員の大学の同窓会費など4件(9591円)、を不適切な支出としたとの由。記者会見した岡本康宏監査委員は「県議はより一層透明性を高め、十分な説明責任が果たせるよう、適切な運用を徹底してほしい」と強調したとか。

公表資料:監査結果本文(PDFファイル380KB)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる