【英】BBC上級幹部の退職金を指摘

 ウォールストリートジャーナルが8月10日に掲出した「英警察、BBC役員の高額退職金問題を捜査」〔ロンドン〕は、英警察が9日、公共放送BBCの数年にわたる高額な役員退職金支払いが法令違反に当たるか捜査していることを明らかにしたと報じる。公共支出を監視する英会計検査院が7月、受信料で運営されるBBCが退職金支払いで内部規定に違反したと批判する報告書を発表したことから、捜査が開始されたとの由。ロンドン警視庁専門刑事部のマーク・ローリー警視監は、以前から高額報酬支払いが犯罪行為に当たらないか捜査するよう警察当局に連絡を取っていたウィルソン下院議員宛ての書簡の中で「現在、われわれの分析を補強する情報収集に当たっており、本格捜査に発展させるかいずれ決める」と伝えたとか。現在ニューヨーク・タイムズの社長兼最高経営責任者(CEO)のマーク・トンプソン氏はこうした報酬の支払いが承認された当時、BBCの最高責任者の会長であり、この捜査では対象となる可能性があると記事は伝える。トンプソン氏は議会から他の現、旧BBC役員とともに来月証言するよう求められているが、9日、コメント要請に応じなかったとか。会計検査院の調べによると、2012年3月までの8年間にBBCは退職金として6000万ポンド(約90億円)を支払い、その内2500万ポンドが退職した150人の上級幹部の手に渡っており、12年12月までの3年間では退職役職者の4分の1以上が、契約上の規定を超える退職金が支払われ、受信料の100万ポンドがそれに充当されたとのこと。BBC広報担当者は声明で、会計検査院が「BBCの退職金調査をした際には犯罪行為の証拠は何も見つからなかった」とし、また、警察当局からはまだ何の接触もないことを明らかにしたとか。BBCの経営機関であるBBCトラストは、会計検査院が7月に報告を発表した際、調査内容は「大変懸念される」としていたが、BBCトラストからは、今のところコメントは得られていないと記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる