スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳麻里検査官は小林麻里氏

 毎日jpが7月30日に掲出した「会計検査院:初の女性検査官」は、政府が30日の閣議で、5月に退任した山浦久司・会計検査院長の後任の検査官に、柳麻理・早稲田大大学院教授を任命したと報じる。女性が検査官になるのは初めてで、新院長は今後、検査官3人の互選で選ばれると記事は伝える。柳麻理氏(やなぎ・まり)は早大大学院修了で東京富士大教授など歴任しており、58歳で北海道出身とのこと。

 公会計研究分野で著名な小林麻里氏と同一人物の模様。

公表資料:8月1日、新検査官に柳麻理(通称:小林麻理)元早稲田大学大学院政治学研究科教授が就任しました。
 読売サイトが8月15日に掲出した「[顔]柳 麻理さん」〔社会部 松原靖郎〕は、女性初の会計検査院検査官に就任した柳(やなぎ)麻理まりさん(58)について、国や自治体などの予算執行をチェックする会計検査院の意思決定は、3人しかいない検査官が担っており、早大教授からの転身だが、「研究してきた理論と現実のギャップを間近で見られるのは楽しみでもある」と気負いはないと紹介する。早大生時代は憲法学を専攻していたが、「社会の実務に近いことを」と会計学の道に。民間の会計システムを公の会計にどう生かせるかという研究を続けてきたとのこと。学内では旧姓の「小林教授」で知られており、「検査官になっても研究者としての自分は変わらない」と、今後も小林姓で通すとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。