政務調査費でアウト

 毎日jp奈良ページが3月19日に掲出した「政調費:視察タクシー代、認めず??橿原市監査委 /奈良」〔矢追健介〕は、橿原市の無所属市議1名が23年8月1日、北九州市視察で利用したタクシー代1690円を政務調査費で支払ったことについて、監査委員が使途として認められないと判断したと報じる。橿原市民オンブズマンが市議21人の政務調査費(23年度)の一部計約172万円の返還を求める住民監査請求を起こし、同監査委が調査していたもので、返還金額が生じないとして、請求自体はすべて棄却したとのこと。監査結果によると、同市議記載の乗車区間が間違っており、乗車の必要性も明記されておらず、本来は返還を請求すべきだが、同市議の政務調査費が市からの交付額50万円を超えた約53万円だったため、返還金額が生じないとしているとのこと。

公表資料:【「橿原市議会政務調査費(平成23年度分)の返還請求」について(平成25年1月15日請求)】(PDF:272KB)


コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる