スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名張市議が住民監査請求した事案

 MSN産経ニュース近畿ページが24年12月21日に掲出した「住民監査請求を棄却 名張市の入浴優待券配布問題 三重」は、名張市希央台の温浴施設「癒しの里 名張の湯」をめぐり、市議(39)が「市が入浴優待券を関係団体に配布したのは地方自治法に違反する」「優待券の配布は公益性がない」などとして10月に行っていた住民監査請求に対し、市監査委員が20日、「健康増進の目的に応じた配布であり違法といえない」として請求を棄却したと報じる。この問題で市は、市民の健康増進につながるとして無料の優待券7千枚を施設側から入手し、8月から市内のスポーツ団体などに配布しており、実際に使われた入浴料金を施設側に支払っているとのこと。今回の決定に対し亀井利克市長は「監査委員が適切に判断されたものと考える」とコメントしたと記事は伝える。

公表資料:平成24年12月20日公表 温浴施設入浴優待券にかかる支出に関する措置請求 [PDF:44.1KB]

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。