スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加古川市の第三者委員会が監査の改善を提言する方向

 神戸新聞サイトが24年12月18日に掲出した「汚職事件の再発防止 監査制度改善策提言へ 加古川」〔大久保斉〕は、地方独立行政法人「加古川市民病院機構」の新統合病院建設をめぐる贈収賄事件を受け、加古川市が設置した第三者委員会「市汚職事件調査・再発防止対策委員会」の第5回会合が17日あり、来年1月の次回会合で、再発防止に向け監査制度の改善に関する提言をまとめることを決めたと報じる。市の元企画部長(54)が公判中であることを理由に、会合は非公開だが、判決は今月25日で、判決が確定すれば、次回会合は公開され、市民が傍聴できるとの由。この日、終了後に会見した委員長の住田裕子弁護士は、監査の提言について「改善策を実施する際に、2013年度の予算案や組織変更に反映させてほしい」と述べたとか。また、ほかの不正事案の有無を問う職員アンケートの実施を既に決めているが、対象には非正規職員(約750人)も加えて計2400人規模にする方針を示し、再発防止策についても尋ね、職員の資質・倫理観の向上、▽異動サイクルの見直し、▽外部や職場の監視機能強化、などの項目から選択した上で、具体策を自由記述してもらうとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。