監査役の進言を拒否した社長という説明

読売オンラインが2012年12月11日に掲出した「元監査役「損失公表断られた」…オリンパス事件」によると、オリンパスの粉飾決算事件で、金融商品取引法違反に問われた旧経営陣3人の公判が11日に東京地裁であり、元常勤監査役の被告(67)が被告人質問で、歴代3社長に同社の損失の公表を求めたが、受け入れられなかったと説明したという。同被告の法廷供述によると、財テク失敗で損失が膨らみ始めた1991年、当時の社長(88)に退職願を提出して損失の公表を迫ったが、「一人が責任を取っても解決しない」と断られ、99年に監査法人から損失の飛ばしを指摘されたため、再び同氏と当時の社長(76)に公表を進言したが、了承されなかったとか。さらに、2001年に社長に就任した別な被告(71)にも、決算の度に公表を促したが、「とても怖くてできない」と言われたとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる