長野県監査委員が政務調査費監査請求を棄却

 毎日jp長野ページが12月9日に掲出した「住民監査請求:県議会政調費の監査請求を棄却 県監査委 /長野」〔小田中大〕は、長野県議会7会派の23年度政務調査費に不正支出があったとして、市民団体「信州市民オンブズマン」(軽井沢町)が県に総額約5776万円の返還を求めた住民監査請求で、県監査委員が請求を棄却したと報じる。団体側弁護士は「納得できない」と、年内にも住民訴訟を起こす意向を示したと記事は伝える。請求では、各会派は議員控室の人件費などを政務調査費で計上しているが「政党活動などの事務もしていると推定される」と主張し、自民1934万6358円、▽改革・新風(改革・緑新含む)1636万4081円、▽県政ながの(創志会含む)802万9859円、▽日本共産党761万3073円、などを返還させるよう求めていたとか。

公表資料:「平成23年度政務調査に関する件」の住民監査請求の監査結果を通知しました。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる