法令違反のおそれがある行為があったとしても何ら財産的損失が生ずるおそれがないもの

 伊賀タウン情報サイトが11月19日に掲出した「住民監査請求を棄却 ハイトピア伊賀の追加工事費 伊賀市」は、伊賀鉄道上野市駅前再開発ビル「ハイトピア伊賀」(伊賀市上野丸之内)の建設工事を巡り、市民団体「伊賀上野市民オンブズマン」が地方自治法上に基づく正規の手続きをとらずに産業廃棄物が混じった掘削土を処分したとして、内保博仁伊賀市長と関係職員に追加工事費9975万円の返還を求めた住民監査請求で、市監査委員が11月19日、「違法または不当な支出はない」として棄却したと報じる。同団体は「工事請負契約を変更する議決を経ておらず、変更契約も締結せずに掘削土を搬出したのは地方自治法に違反し、これに基づく公金支出は無効」などと主張していたが、監査委員はこれに対し、「いずれも法令違反はなく、根拠のない不当な支出ではない。工事請負変更契約の議決後の支出は、建設工事の完成のための不可欠なもので、市に財産的損失が生じたと言えず、適正なものである」と判断したとの由。請求人である同団体世話人は、棄却を受けて、「監査結果を精査し、今後の対応を検討する」としていると記事は伝える。

公表資料:住民監査請求監査結果(275KB)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる