JR北海道の車両保守について問題視?

 毎日jpが10月19日に掲出した「JR北海道:車両の3割、検査不備 会計検査院調査」〔古関俊樹〕は、昨年5月にJR石勝線で乗客ら79人が負傷する列車脱線炎上事故があったJR北海道が昨年度に行った延べ約3100車両の検査のうち、約3割で社内の安全規則が守られていなかったことが、会計検査院の調査で分かったと報じる。事故との関係は不明だが、同社の車両検査を巡っては国の運輸安全委員会の調査でも不適切な点が判明しており、検査院は安全管理の基本が守られていないとして、検査を適切に行うよう求めると記事は伝える。同社によると、車両検査は前の検査から4年以内に行う「要部検査」や同90日以内に行う「交番検査」などに分かれ、ナットを締め付ける強さなど検査の細目を定めた社内の安全規則に基づいて行われていて、大半は同社で行うが、取り外した部品の洗浄など一部のメンテナンスは関連会社に委託しているとのこと。検査院が昨年度の交番検査の記録を分析するなどして調査したところ、延べ約900車両で必要とされる検査が一部省かれるなどの不備が見つかり、また、延べ約1600車両で整備記録の一部に空欄があり、検査結果が完全に把握できない状態だったとか。関連会社などに委託した約50契約の整備でも、記録が同社に報告されないなど不適切な点があったとも。同社の車両検査を巡っては、脱線炎上事故を起こした車両で設計図と異なるサイズの部品が使われていたことや、ナットが手で緩む状態だったことが国の運輸安全委員会の調査で判明していたとの由。

公表資料:鉄道車両の定期検査及び検査修繕について(北海道旅客鉄道株式会社代表取締役社長宛て)(PDF形式:125KB)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる