スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不正対応基準を検討中

 IFRSフォーラムが9月25日に掲出した「求められる「明確に白だといえる監査証拠」 「不正の端緒」判定がポイント、金融庁が「不正対応基準」で原案」〔IFRSフォーラム 垣内郁栄〕は、金融庁が9月25日に開催した企業会計審議会 監査部会で示した、企業の会計不正に対応した監査基準に向けた考え方の案について、新たに「不正の端緒」を設定し、監査手続きを定めたと報じる。金融庁が示したのは「不正に対応した監査の基準の考え方(案)」で、今後、この考え方をベースに議論し、「不正対応基準」(仮称)につなげ るとみられると記事は伝える。考え方は、財務諸表監査における「重要な虚偽表示の原因となる不正」が対象で、「不正リスク要因の検討や不正リスクを把握するための手続きの強化」が主な内容となっており、1. 基準の概要、2. 職業的懐疑心の強化、3. 不正リスクに対応した監査の実施など、4. 不正リスクに対応した監査事務所の品質管理など、で構成されているとのこと。特に手続きを強化したのが「不正の端緒」に関する監査で、監査人が「不正による重要な虚偽表示の端緒」を把握した場合、または不正リスクに対する適切な監査証拠を入手できない場合には、監査計画を修正して追加的な監査手続きを求めるとのこと。そして、この「不正による重要な虚偽表示の端緒」は、考え方の付録で示された7項目の例などで判断するとか。7項目は次のとおり。
1. 不正等に関する情報
2. 留意すべき非経常取引(不適切な売上計上、資金環流取引などのオフバランス取引)
3. 証拠の変造の可能性
4. 会計上の不適切な調整が行われた可能性
5. 確認結果(取引先の確認状が監査人に直接返送されず、会社や営業担当者を経由しているなど)
6. 経営者の監査への対応
7. その他(重要な取引に、能力または客観性に疑念のある専門家を利用しているなど)
 そして、この追加調査によって不正の端緒があるかどうかを判断し、不正の端緒ではないと結論づけた場合は、その旨と理由を監査調書に記載するとも。不正の端緒ではないと判断できるのは、そのために「十分かつ適切な監査証拠を入手した場合」だけで、金融庁では「そのような明確に白だといえる監査証拠を入手できない場合は、不正の端緒として扱う」としているとの由。追加の監査手続きによって不正の端緒が認められる場合は、監査証拠の入手のために監査計画を見直し、より徹底した調査や監査法人によるモニタリングを実施することになり、不正の端緒を発見した場合、監査法人の承認があるまでは監査人は監査意見を表明せず、企業の監査役に相談、連携して調査することも求めるとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。