鹿島市議が監査委員を辞職

 佐賀新聞サイトが9月20日に掲出した「水頭議員が市監査委員を辞職 不適切会計指摘問題で」は、鹿島市議6人と市のし尿収集・運搬許可業者らとの勉強・懇親会で不適切な会計が指摘された問題で、市監査委員の水頭喜弘議員が、委員の辞職を樋口久俊市長に申し出て承認されたと報じる。辞職は18日付けとのこと。会合に出席しなかった議員9人が7日、「行財政をチェックする立場として許されない」として、監査委員の罷免を樋口市長に求めていた経緯があるとのこと。議員6人は4月に嬉野市内の旅館で開かれた会合に出席し、飲食費などが1人当たり約1万円かかったのに対し、3千円の会費しか支払わず、指摘を受けて1カ月後に残りの7千円を支払っていたとか。この問題で、中西裕司議員が議長を辞職しているとの由。

地方自治法第198条
 監査委員は、退職しようとするときは、普通地方公共団体の長の承認を得なければならない。


コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる