栃木県監査委員は音楽団体への使用許可に違法・不当性なしと判断

 下野新聞サイトが9月13日に掲出した「県の栃響支援、検討求める 住民監査請求は認めず」は、栃木県が栃木県交響楽団(栃響)の事務局を県総合文化センターに設置させていることは特定団体への利益供与に当たり違法だとして、栃木市倭町の自営業者(62)が行った住民監査請求について、栃木県監査委員が請求を退けたと報じる。請求は事務所の使用許可中止と、免除となっている使用料などの返還を求めていたが、事務所使用は「要件を欠く」と却下しており、使用料返還に関しては「違法、不当とはいえない」と棄却したとのこと。ただ、県監査委員は「意見」として「補助金の在り方を含め、栃響への支援の位置付けを一層明確にする必要がある」「事務所の使用許可に当たっては更新時に基準に合っているかを精査して理由を明示し、光熱費の徴収猶予は県財政などを踏まえて十分かつ慎重な検討が必要」として県の対応を求めたと記事は伝える。

公表資料:栃木県交響楽団事務局に係る行政財産使用許可取消し等措置請求(PDF:268KB)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる