スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期監査で不正経理発見の端緒を得た

 河北新報サイトが8月26日に掲出した「組合費700万円着服 いわて生協労組・執行委員長」は、いわて生協労働組合(岩手県滝沢村、組合員1600人)の執行委員長の男性(51)が組合費約700万円を着服していたと報じる。同労組によると、委員長はいわて生協の正規職員で、15年から委員長となっており、ことし7月の組合の定期監査で使途不明金が見つかり、その後の調査で着服が発覚とのこと。同生協は今月6日付で委員長を懲戒解雇していて、委員長は着服を認めているとか。委員長は7月中に着服金を全額弁済し、労組は刑事告訴しない方針と記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。