【中】中国審計署が新幹線広報ビデオのB/Cを指摘

 MSN産経ニュースが6月29日に掲出した「中国、新幹線などPRビデオに2億円超 「無駄遣い」と批判」〔共同〕は、中国鉄道省が中国版新幹線「和諧号」などをPRする5分間のビデオを制作するため1850万元(約2億3千万円)を投じたことが29日までに中国会計検査署の調査で明らかになり、「無駄遣いだ」と批判が高まっていると報じる。PRビデオは中国映画界の巨匠、張芸謀監督が制作責任者を務め、中国版新幹線が走行する様子や高速鉄道の駅などを撮影、中国の鉄道技術の発展をアピールしているものだが、会計検査署は報告書で、ビデオは巨額投資に見合うだけの効果が得られていないと指摘したとの由。インターネット上では「このビデオに何の意味があるのか」と批判が相次いで書き込まれるなど、昨年の高速鉄道事故で信頼を失墜した鉄道省への風当たりがあらためて強まっていると記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる