無報酬監査委員を公職と報じるメディア

 愛媛新聞社が6月28日に掲出した「日赤監査委員に再任、辞退へ 月末退任の松山副市長」は、6月末で退任する松山市の稲葉輝二副市長(75)が、日本赤十字社県支部監査委員への再任を承認されていたと報じる。稲葉氏は、任期を迎えた公職は順次退く意向を示していたが、取材に対し7月末で任期満了との認識がなかったとし、同日、再任辞退を申し入れたとか。稲葉氏は、副市長退任を正式表明した6月7日の市長会見で「(新たに公職に)就くつもりはないが、途中で辞めると迷惑が掛かる役職は任期まで務める」と話していたとの由。監査委員は無報酬で、決算監査と年2回の評議員会出席が主業務で、稲葉氏は収入役時代の1991年から務めており、日赤県支部によると、副市長退任表明前の1日に再任を要請し、固辞されたものの、適任者不在などで慰留したとのこと。再任は8日の評議員会で承認されたとか。取材に対し「任期が来れば辞めるつもりでいた。他意はない」と述べ、同支部との認識に食い違いがあったとしたと記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる