スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画運営業務委託の随意契約事由を認容

 毎日jp奈良ページが5月2日に掲出した「平城遷都1300年祭:フォーラム随意契約 県監査委員、住民監査請求を棄却 /奈良」〔野上哲〕は、22年12月に奈良市であった「平城遷都1300年記念グランドフォーラム」の企画運営業務委託を巡る住民監査請求で、奈良県監査委員が、随意契約は違法で高額として、荒井正吾知事らに損害賠償するよう勧告を求めた県市民オンブズマンの請求を棄却したと報じる。県は22年9月、2日間の同イベントについて日本総合研究所、松岡正剛事務所、編集工学研究所の企業体と約5280万円で随意契約を締結していたが、オンブズ側は競争は可能であり、契約は違法、音響や映像の費用なども高過ぎると主張したとの由。これに対し、監査委員は、イベントは同じ企業体が受注した「弥勒プロジェクト推進業務」と関連しており「既に契約した業務と密接不可分で、他に行わせると支障が生じる」などの県側の主張を認め、「裁量の乱用はない」としつつ、一方で、精算報告書などで積算内訳や費用増減の理由が不明確と、問題点も指摘し、県側に「一般競争入札が原則との原点に立ち返り、十分な説明責任を果たす」ことを求めたと記事は伝える。オンブズ側が住民訴訟を検討するとも。

公表資料:概要

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。