住民監査請求を報じたメディアが名誉毀損になった

 朝日は9月26日に「毎日放送に100万円賠償命令、旧南淡町の談合疑惑報道」を掲出。
 記事は、兵庫県の旧南淡町(現・南あわじ市)の談合疑惑に絡んだ毎日放送(大阪市)の報道で名誉を傷つけられたとして、森紘一・元町長が同社と談合を指摘して住民監査請求した市民団体を相手にそれぞれ1千万円の支払いを求めた訴訟の判決が26日に神戸地裁であり、裁判長は「報道は重要な部分で真実ではなく、最低限の裏付け取材もしていない」と指摘し、名誉棄損を認めて同社に100万円の賠償を命じたと報じる。判決によると、同社は17年9月13日夕の報道番組で「前町長ファミリー企業 談合疑惑で住民監査請求」というタイトルで4分間放映し、町が約2億8千万円を支出した造成工事を元町長のファミリー企業が予定価格通りに落札したなどと指摘して、「ファミリー企業が談合を繰り返していた疑惑がある」と報じたが、判決は、町の支出が約7920万円だった上、同企業が入札ではなく随意契約で受注したと指摘し、「裏付け取材としては極めて不十分なものというべきだ」と述べたとのこと。談合によって無駄な税金が支出されたとして監査請求した市民団体「目安箱」に対しては、「元町長の社会的評価を低下させたとは言い難い」として元町長側の請求を退けたとか。

 毎日放送広報部は「談合疑惑に関する住民監査請求が行われた事実を報道したもので、名誉棄損にあたらないと考えている。心外な判決で控訴する方針」としているらしいが、住民監査請求は誰でも可能なもので、嫌がらせのための請求もあり得るということが分かっていないのかな。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる