FC2ブログ

北海道砂川市の私有地上の神社

 中日新聞サイトは6月26日に「市有地に神社、再び違憲 札幌高裁が控訴棄却」〔共同〕を掲出。
 記事は、北海道砂川市の市有地を神社に無償で使用させているのは憲法の政教分離原則に反するとして、市民2人が「砂川市長が所有者の町内会に撤去を請求しないのは違法」との確認を求めた住民訴訟の控訴審判決で、札幌高裁が26日、違法を確認した1審判決を支持して市側の控訴を棄却したと報じる。裁判長は「問題の土地では毎年、祭典行事があり、宗教施設としての性格が強い」と指摘したとのこと。判決によると、砂川市は昭和28年、神社のほこらなどが建てられた土地約700平方メートルを市民から寄付され、また平成6年に北海土地改良区から隣接する土地を購入したとのこと。約1500平方メートルの市有地の上には町内会が所有・運営する神社や鳥居などが建てられていたが、市は財産の交換などに関する条例に基づいて無償で土地の使用を認めていたとの由。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる