FC2ブログ

【公金支出】破綻出資団体の債権者への補償金支払

 5月21日付け日本経済新聞地方経済面26面に「破産三セク処理、公金返還訴訟、川崎の市民団体が請求」の記事。
 記事は、昨年破産した川崎市の第三セクター「かわさき港コンテナターミナル(KCT)」の処理でKCTに融資していた金融機関に市が損失補償金を支払ったのは違法として、市民団体「かわさき市民オンブズマン」(代表幹事、篠原義仁弁護士ら)が20日、市が阿部孝夫市長などに損害賠償請求するように求める住民訴訟を横浜地裁に起こしたと報じる。訴状によると、市は16年12月、融資元の横浜銀行、みずほプロジェクト(旧第一勧業銀行)、川崎信用金庫と、損失補償として計9億円の支払いで合意し、17年1月に支払ったが、同オンブズマンは法律が禁じた地方自治体による法人への債務保証で、違法な公金支出にあたると主張しているとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる