スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方防衛局の不正経理

 MSN産経ニュースは10月29日に「旧防衛施設局で不正経理2億円余 会計検査院指摘へ」を掲出。

 記事は、防衛省の出先機関である全国の地方防衛局のうち、会計検査院が4つの防衛局・支局の経理を調べたところ、3年間で計2億数千万円にのぼる不正経理が見つかっていたと報じる。検査院は近く、決算検査報告書に不当事項として指摘すると記事は伝える。関係者によると、不正経理が見つかったのは、北関東防衛局(さいたま市)、南関東防衛局(横浜市)など3防衛局と1防衛支局で、平成20年までの3年間の経理状況を調べたところ、業者に公金を預けて裏金をプールする「預け」はなかったものの、契約した物品とは別の物を納入する「差し替え」、物品を先に納入して翌年度以降に支払う「翌年度納入」、正式に契約する前に物品を納品させる「前年度納入」など手法は多岐にわたっていたとか。単年度の予算を使い切って翌年度の予算の減額を防ごうとしたとみられると記事は伝える。地方防衛局は18年に防衛施設庁の官製談合事件が発覚し、19年に防衛庁(当時)が防衛施設庁を解体して防衛庁の装備本部地方支部と統合、防衛省地方防衛局に改編された経緯があり、10年にも元防衛施設庁長官の巨額背任事件が発覚するなど、これまでに多くの不正が指摘されてきたと記事は伝える。産経新聞の取材に対し、防衛省は「会計検査院と協議中なので言及できない」としているとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。