【観測報道】トカラ列島の不正受給

 MSN産経ニュースは10月22日に「作業員水増し?で村が補助金不正受給 同じ筆跡、印影で受領 鹿児島・トカラ列島の事業で検査院指摘」を掲出。

 記事は、鹿児島県のトカラ列島で平成15~19年に行われた農林水産省が補助する畜産用地整備事業で、作業に従事していない島民の分まで賃金を支払うなどの不正経理があったと、会計検査院が同県十島村に指摘していたと報じる。市町村が補助金の不正受給を指摘されるのは異例で、近く不当事項として検査報告書に掲載する方針と記事は伝える。関係者の話によると、検査院の職員が賃金の受領証を調べたところ、受け取った人の氏名は異なるのに、筆跡や印影が同じ書類が多数見つかったという。検査院が作業に従事したとされる人に賃金を受領したかどうかの確認書を提出するよう求めたところ、提出しない人がいたほか、「覚えていない」と証言する人もいたとのこと。また補助の対象にならない島の事業を請求したケースもあったとか。トカラ列島では口之島、中之島など一部の島に郵便局があるだけで、ほとんど金融機関がなく、このため、作業した島民に現金を手渡して、受領印をもらう「はん取り」という会計処理が行われていたという。事業はトカラ列島の無人島を除く島で行われ、原野を畜産用農地として整備していて、事業費約2億9300万円のうち農水省の補助金は約1億5600万円で、不当指摘されたのは補助金のうち約3400万円とか。十島村は「役場が鹿児島市にあり、離島の出張所に送金し、受領証をもらっていた。家族や親戚(しんせき)の分をまとめて書いてもらっていた人がいた」としているという。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる