警察の不正経理

 MSN産経ニュースは10月4日に「警察の不正経理、1億4千万円に 北海道、京都、関東管区学校でも 会計検査院指摘で」を掲出。

 記事は、警察本部などの不正経理が、国費の補助を受けている分だけで千葉、神奈川県など全国の7道府県警と管区学校で約1億4千万円にのぼることが会計検査院の調べで分かったと報じる。指摘を受けた警察は同日までに国庫補助分を返還、または近く返還する方針と記事は伝える。これまでに検査院の調査を受けた道府県警のうち、神奈川、千葉、山形県警が公表しているが、新たに京都府警、北海道警、関東管区警察学校でも判明したとのこと。検査院の調べで不正経理の金額が最も多かったのは千葉県警で、平成20年度までの6年間で総額約1億円にのぼったとか。不正経理は主に県警本部で行われ、事務用品費などで物品を先に購入し、翌年度に納入させる「翌年度納入」が最も多かったとのこと。神奈川県警は20年度までの6年間に約3千万円の指摘があり、架空発注で業者に現金をプールする悪質な「預け」も見つかったが、私的流用はなかったとか。山形県警は20年度までの5年間で約500万円、翌年度納入や預けのほか、いったん別の商品を購入する「差し替え」もあったとか。北海道警、京都府警、関東管区警察学校などの指摘額はそれぞれ数百万円で、不正は「翌年度納入」などとか。岡崎トミ子国家公安委員長は今月1日、全国の警察で不正経理が相次いで露見したことについて「再発防止に万全を期す」として適切な予算執行を徹底させる考えを示しているとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる