スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島市の調査結果

 読売サイト関西ページは10月2日に「広島市で8500万円の不適正経理が判明…04年度」を掲出。

 記事は、広島市の16年度の物品購入で約8500万円の不適正な会計処理があったと報じる。うち約3780万円は、架空や虚偽の取引によるもので、市は「私的流用はない」としているとか。市によると、国庫補助金の事務費に関する会計検査院の検査に合わせ、市が7月から、保存する関係文書で最も古い16年度の消耗品費約21億4800万円を調べたところ、約3780万円のうち、コピー機の修繕費でコピー用紙を購入するなど品目を変えて支出した「差し替え」が2664万円あり、架空発注で業者の口座に現金をプールする「預け金」が約141万円あったとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。