事前調査で発覚

 毎日jp神奈川ページは5月30日に「横浜市:JRへの委託工事、過払い8億2000万円 進ちょく確認せず /神奈川」〔山衛守剛〕を掲出。
 記事は、横浜市が29日、河川改修事業で16~18年度、委託先のJR東日本に計約8億2000万円の過払いがあり、国と県に補助金と加算金計約7億6000万円を返還すると発表したと伝える。工事の遅れを確認せず、当初予定した委託費を支払っていたためとか。市河川事業課によると、過払いがあったのは同市保土ケ谷区の東海道本線橋りょう工事(事業期間16~22年度、事業費約67億円)で事業費の3分の1を国と県が補助するとのこと。委託費は各年度末に出来高を支払う仕組みだが、台風被害などで工事が遅れていたにもかかわらず、市は進ちょく状況を確認しないまま委託費を支払ったとか。会計検査院の検査に先立ち昨春、市が現地を調査し判明したもので、同社は4月、市に過払い分全額を返還したとか。国と県への返還金は、市議会6月定例会に補正予算案として提出するとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる