中央投資計画に対する検査

 CRIonlineは5月28日に「財務省、経済刺激計画の実行状況を発表」〔担当:ooeiei〕を掲出。
 記事は、金融危機に対応するため、中国政府が08年の第4四半期から4兆元にわたる投資計画を組み立てたことに関連して、このほど中国国家会計検査署が発表した検査報告によると、今年第1四半期までに、最初の投資計画と予算はすべて執行され、第2陣もほぼ確実と伝える。国家会計検査署の董大勝副署長は、「中央投資の分配や使用の面で違法な行為は発見されなかったが、一部のプロジェクトの管理では規範に合わないケースがある」と述べ、「プロジェクトの準備が不十分で、建設の条件がまだ整っていないため、資金が十分に利用されていない。一部のプロジェクトはまだ入札や契約などが終わっていないため、遅れている。一部の地方は投資資金を昔の借金返済に当てた。ごく少ない地方の関係部門は、資金をその他のプロジェクトに使用するなど問題がある」と述べたとか。董大勝副署長はさらに、「会計検査部門がこれらの問題を指摘した後、関係部門と地方政府は措置をとり、積極的に対策をとっている。会計検査署は関係部門と共に、引き続き検査と会計を強化し、中央政策を着実に推進していく」と述べたとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる