スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【加】カナダSAIがF35の調達手続を指摘

 日経電子版が4月4日に掲出した「カナダがF35予算凍結 選考・決定手続きに問題」〔ニューヨーク=共同〕は、カナダ政府が3日、最新鋭ステルス戦闘機F35の調達計画に不備があったとして、購入予算を凍結し、調達権限を国防省から公共事業・政府サービス省に新設する事務局に移すことを決めたと報じる。会計検査当局が同日発表した報告書で、国防省が見積もりより安い価格を議会に伝えるなど、選考・決定手続きに問題点があったと指摘したことを受けた措置との由。カナダは米国、イタリアなどと共にF35の共同開発国であり、F35は開発、量産化の遅れによる価格高騰が必至の情勢で、イタリアは購入機の大幅削減を決定、カナダ政府高官も調達計画を見直す考えを示しているが、カナダ放送協会(CBC)などによると、国防省はF35購入方針を決めた2010年、65機の購入や20年間の運用などを含めた総コストを250億カナダドル(約2兆1千億円)と積算したが、議会側には147億カナダドルと伝達していたとか。報告書は「必要な承認や文書がないまま、主要な決定が行われた」と指摘したとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。