スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪監査法人がPKFに加盟

 日経電子版が1月23日に掲出した「大阪監査法人、会計事務所の国際組織PKFに加入」は、中堅監査法人の大阪監査法人(大阪市、道幸静児理事長)が月内にも、国際的な会計事務所連合のPKFインターナショナル(本部ロンドン)と業務提携し、同組織に加盟すると報じる。監査契約を結ぶ企業が海外展開を加速しており、同組織に加盟する各国の会計事務所と連携して対応するとのこと。各国の税制度などの情報も入手し、助言サービスの質も高めると記事は伝える。大阪監査法人が海外の大手会計事務所と全面的に提携するのは初めてで、PKFは各国の10位以内の会計事務所を中心に構成しており、連携相手の信頼性が高いとの由。近年、監査基準を国際的に統一する流れが強まっているのも大阪監査法人の加盟を後押ししたとか。大阪監査法人はPKF加盟により、同組織を構成する世界各地の会計事務所との緊密な連携が可能になり、担当企業の海外子会社の監査を依頼したり、各国の会計ルールや税制に関する情報提供を受けたりできるようになるとか。海外進出を検討する企業に最新の情報を提供するなど、コンサルティング機能の充実にもつながると記事は伝える。日本の大手監査法人の多くは、企業の海外進出に伴って、すでに海外の大手会計事務所と提携しており、大阪監査法人は、円高などの影響で、顧客企業の海外進出がさらに加速するとみて、世界的に有力な会計事務所グループとの連携は不可欠と判断し
たとのこと。

公表資料:リーガルポリシー - PKF Japan

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。