特別地方公共団体の監査活動

 MSN産経ニュースが23年10月26日に掲出した「架空の海外出張など 劇団が委託金を不正使用 鳥取」は、鳥取県の5市町からなる鳥取中部ふるさと広域連合が国の補助金を受け、業務委託をした鳥取県倉吉市の劇団が約1144万円を架空の海外出張などの名目で不正使用していたと報じる。10月の監査で発覚したもので、劇団側は不正を認め、連合から受け取った1300万円全額の返済と事業委託の辞退を申し出たとか。連合によると、劇団は東京都杉並区の総合企画会社の代表取締役が昨年8月に設立したもので、実体のない韓国や中国への出張費で委託金を支出したり、5人に委託業務外の仕事をさせるなどしていたとか。連合は「来週までに行う調査結果を見て、民事訴訟や刑事告訴も含め、対処を検討する」としているとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる