監査法人によるNPO支援

 日経電子版が23年10月22日に掲出した「大手監査法人、無償・割安料金でNPO支援 新日本、震災義援金巡りアドバイザリー契約」は、監査法人大手が非営利団体向けのサービスを強化すると報じる。東日本大震災後に多額の義援金が集まり、収支などの説明責任が一段と求められる団体が増えていることが背景にあり、収支の監査や中期経営計画を立てる際の支援業務などを無償や低料金で提供するもので、監査法人による企業の社会的責任(CSR)活動の一環で、今後もさらに広がりそうと記事は伝える。記事は、新日本監査法人の日本赤十字社の海外からの救援金の収支についての監査、公益社団法人のシビックフォース(東京・千代田)の収支報告のチェック、監査法人トーマツの非政府組織(NGO)のケア・インターナショナルジャパン(東京・豊島)の中期経営計画づくりの無償支援を例として挙げる。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる