スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JICPAがIT監査の事例紹介

 ITproが10月20日に掲出した「公認会計士協会がIT関連の監査事例集、不正取引からクラウドまでを紹介」〔島田 優子=日経コンピュータ〕は、日本公認会計士協会(JICPA)が2011年10月18日、IT委員会研究報告第40号「ITに対応した監査手続事例~事例で学ぶよくわかるITに対応した監査~」を公表したと報じる。ITに関して十分な知識を持っていない公認会計士向けに、財務諸表監査時に監査人が実施するリスクの評価および対応の留意点についてケーススタディー形式でまとめた文書であり、「IT業務処理統制の不正を発見できなかった」「ITベンダーがクラウドサービスで売り上げを早期計上した」「ネットビジネス会社の架空売り上げを発見できなかった」といった事例を紹介しているとのこと。JICPAのWebサイトから無償で入手できるとか。IT委員会研究報告第40号では、五つの事例を取り上げており、(1)事例の概要、(2)実施した監査、(3)後日判明した事項、(4)発見につながる着眼点、(5)改善に向けて、の五つのポイントからそれぞれの事例を分析していることが特徴で、図版を用いて情報システムや、ITを利用したビジネスモデルについて解説しており、合計で20ページの文書とか。五つの事例は、「製品売り上げの早期計上と完成工事高の架空計上」「仕訳データの操作」「外部倉庫における滞留在庫等に対する評価損の未計上」「ITサービス(クラウドコンピューティング)に係る早期売り上げの計上」「架空売り上げの計上」で、最初の三つの事例は情報システムを利用した際の業務処理に対する監査人に理解不足、ほかの二つはITに関連するビジネスに対する監査人の理解不足に起因する事例とのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。