スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休業後も組合員資格

 47NEWSが10月22日に掲出した「医師ら休廃院後も国保組合員資格 会計検査院指摘」〔共同通信〕は、医師ら3業種の国民健康保険組合(国保組合)で、約1600人が医師会や薬剤師会に診療所などの休院や廃院を届けた後も組合員のままだったことが会計検査院の調べで分かったと報じる。17~21年度、医療給付費への国の補助は4億3千万円以上であり、大半の国保組合は組合員資格として必要な業務継続の有無を把握していないとして、検査院は厚生労働省に資格確認を徹底させるよう求めたと記事は伝える。検査院が医師、歯科医師、薬剤師の3業種の人が加入できる13都府県の23国保組合を調べたところ、このうち12都府県の21組合では、医師会や薬剤師会に休廃止を届けた約1600人が組合員のままだったとか。

公表資料:医師、歯科医師及び薬剤師が加入する国民健康保険組合における組合員資格について

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。