藤沢市議会百条委員会の審議

 読売サイト神奈川ページが10月7日に掲出した「藤沢副市長が介入か 土地取得巡る住民監査請求百条委」は、藤沢市善行の土地取得を巡る経緯や購入価格などを調査する、同市議会の調査特別委員会(百条委)が6日開かれ、前監査事務局長が証人尋問で、市に土地代金の支払い差し止めなどを求めて2009年12月に提出された住民監査請求に対し、新井信行副市長らが介入しようとしたことを明らかにしたと報じる。前事務局長は「圧力を感じたが、業務は適正に遂行された」とし、今後、経緯をつづったメモを百条委に提出するとのこと。証言によると、10年1月18、19、25日の3回にわたり、新井副市長が前事務局長を通じて市側の対応を代表監査委員に説明したいと持ちかけたり、監査の結論を前事務局長に示唆しようとしたとか。18、19日ともに、「意見陳述をしたので説明を受ける必要はない」とする代表監査委員ら事務局の判断を新井副市長に伝えたが、新井副市長は19日、前事務局長に「(委員の意見として)市には違法性はなく、今後、鑑定を2か所でやるということなら理解できる」と示唆しており、この場には、海老根靖典市長と幹部2人も同席していたとのこと。さらに25日の監査委員会議終了後、前事務局長を副市長室に呼び、「どうだったか」と問いただし、前事務局長が「両論ある」と伝えると、「結果が出る前に内容を知らせてほしい」「原案は誰が書いたのか」と続けた上で、「鑑定評価がおかしいと指摘すると、(土地鑑定士から)訴えられる」などと語ったとか。監査請求は同年2月3日に「合議が調わず、監査結果を決定できなかった」とする結果が出ているとか。新井副市長は読売新聞の取材に対し、「(副市長室に)呼んだのは確かだが、圧力をかけたつもりはない」と話したと記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる