スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海市会計検査局(上海市審計署?)が上海万博の監査報告

 朝日コム国際ページが10月1日に掲出した「上海万博、フォローアップ監査の結果を発表」は、2010年上海万博のフォローアップ監査報告が30日に発表され、運営収支差額が10億5000万元で、重大な法律・規律違反は見つからなかったとしていると報じる。上海万博は184日間に7300万人余りが来場し、準備期間は8年の長きに及んでいて、人々は建設・運営費の額や収支残高の有無に関心を寄せているが、上海市会計検査局は2005年3月から2011年3月まで、上海万博の運営財務収支状況と上海万博パーク主要建設状況の全過程に対してフォローアップ監査を行い、上海万博事務調整局の提出した財務決算報告を監査した結果、2011年3月末時点で上海万博の運営収入は130億1400万元で、入場券収入、経営権認可収入、施設貸出収入が好調だったため、予測を6億9600万元上回ったとか。運営支出は110億6400万元で、支出引き締めを強化したため、予測を7900万元下回っていて、運営収支差額は10億5000万元となり、上海万博執行委員会の承認を経て、運営資金残高は中国国家博物館、上海万博博物館、現代芸術館など公益性の高い文化展覧会や施設建設に充てられるとのこと。入場券収入は73億5500万元で、運営収入全体の56.52%を占めているとか。報告は「上海万博は周到に準備され、良質かつ効率的な建設と、安定した秩序ある運営が行われ、良好な社会的効果を上げた。上海万博パークの主要建設において質や安全上の重大な事故は発生せず、重大な損失・浪費、重大な法律・規律違反も見つかっていない」とし、上海万博の運営収支については「健全で整った制度、効果的な予算調整、規範化された収支手続き、厳格な管理・監督、全体的に良好な資金使用効益を基本的に達成した。監査の結果、重大な法律・規律違反は見つからなかった。中央紀律検査委員会はクリーンな万博に向けた上海市の取り組みを高く評価している」としているとか。一方で報告は、フォローアップ監査の過程で予算編成、賛助品の管理、事業入札、受発注管理などにいくつか問題があったことも指摘。これらの改善状況について逐一紹介しており、フォローアップ監査で見つかった問題は、現在までに全て整理・改善されたとしていると記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。