スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜県監査委員の6月監査の結果

 中日新聞サイト岐阜ページが9月2日に掲出した「不適正収支10件 県の6月定期監査」〔石井宏樹〕は、岐阜県監査委員が行った6月の定期監査で、22年度に旅費の過大請求や自動販売機の電気料金の過徴収といった不適正な収支が10件指摘されていたと報じる。監査委員は6月1~30日に県教育委員会や健康福祉部などの計31機関で監査を実施した結果、是正や改善を求めた中で特に重大と認めた「指摘事項」が10件あったとのこと。指摘事項の中では、東濃地方の校長2人が、公務とは認められない「県高校長協会」の会計監査業務を行うために岐阜市に出張し、旅費計5772円を請求していたものもあったとか。また、県は出張先から宿泊先までの交通費として旅行諸費を1日550円支給しているが、農業技術センターの職員が宿泊先と出張先のホテルが同じなのに請求していたり、修学旅行の引率をしていた西濃地方の高校教員7人は旅行諸費が支給されているのに交通費の実費を二重に請求していたりしていたとのこと。校内に設置した自販機の電気料金について、使用分に合わせて基本料金の一部を業者に求めるとされているが、八百津高と可児工業高で、基本料金の割引分を含めずに業者に1130~203円を過大請求していたり、坂下高は基本料金を請求に含めておらず、2万5866円を業者に過小請求していたりしていたとも。監査結果は8月26日の県公報で公表し、指摘を受けた各部局で返金などの適正処理を進めていると記事は伝える。

公表資料:現地機関:平成23年6月実施分(平成23年8月26日公表)(PDF94KB)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。