日本基準とは別物

 ITproが5月10日に掲出した「「決算書を二つ作るのと同じ」、HOYAがIFRSに基づく11年3月期決算を公表」〔田中 淳=日経コンピュータ〕は、HOYAが2011年5月10日、IFRS(国際会計基準)に基づく11年3月期決算を公表したとして、同社が11年3月期からIFRSを任意適用(早期適用)することを表明済み(関連記事:HOYAが11年3月期からIFRSを任意適用、日本企業で4社目)だが、従来の日本基準に基づく決算との継続性を考慮して、IFRSと日本基準との違いを詳細に説明した表を添付したほか、補足資料として非継続事業を含む全事業に関する包括利益計算書(従来の損益計算書に相当)を示したと報じる。江間賢二CFO(最高財務責任者)は「手間は決算書を二つ作るのと同じだった」と語ったと記事は伝える。同日に実施したアナリスト・投資家向け説明会で、江間CFOは日本基準に基づく従来の決算書と比べ、IFRSに基づく決算書は、(1)科目(例えば、資産に「のれん」の区分を追加)、(2)認識・測定方法(例えば、固定資産の償却処理を定率法から定額法に変更)、(3)表示方法(例えば、財政状態計算書=従来の貸借対照表で、固定資産を一番上に表示)などが異なる点を指摘し、さらに、包括利益計算書が継続事業に関してのみを対象としていることを強調し、「将来を予測するという用途を考えると、止めた事業(非継続事業)の実績が入っていると難しくなるという考え方だと理解している」(江間CFO)が、その一方で、「継続事業だけを対象とすると、会社全体としての業績がどうだったかが見えなくなる」(同)ため、独自に継続事業と非継続事業を合わせた包括利益計算書を作成したと報じる。今後も全事業の包括利益計算書を作成するかどうかは「アナリストや投資家などの意見を聞いて判断する」と江間CFOは話しているとのこと。同説明会で鈴木洋CEO(最高経営責任者)は、IFRSについて「製造業の状態を表すやり方としては、悪い考え方ではないと思う。継続事業だけの変化をみるというのも、前向きに捉えてほしい」と語りつつ、一方で、「バランスシートで表しきれない情報が注記に流れ込んでいたり、従来からの継続性の問題があったりして、受け入れるのは最初は難しいかもしれない。今後はIFRSで会社の状態を表すことになるのでご理解いただきたい」としたとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる