スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取得額より高い評価額での現物出資

 日経電子版が2月16日に掲出した「「かんぽの宿」など不当に高く評価 水増し増資疑いで会社捜索」は、民間に売却された旧「かんぽの宿」などの不動産鑑定評価額を不当に高くして水増し増資した疑いがあるとして、大阪府警捜査2課が16日、大阪府吹田市のゲームソフト販売会社「NESTAGE(ネステージ)」の本社を金融商品取引法違反容疑で家宅捜索したと報じる。同社の有価証券報告書によると、2010年2月、東京都内の会社を割当先とした第三者割当増資を実施し、金銭ではなく不動産を利用する現物出資として、北海道上川町、山形県米沢市、岡山県倉敷市にある旧かんぽの宿など3施設を取得しているが、会計検査院などによると、3施設は06年中に売却されていて、当時の売却額は計約3億円であるのに、有価証券報告書では評価額を計13億円としていたとか。捜査2課は、同社が不当に高い評価額をつけて信用力を高めようと、水増し増資をした疑いがあるとみているとの由。同社は1954年の設立で、テレビゲームソフトや娯楽用品の販売を手掛けており、10年2月に増資したものの、経営不振で同年8月にジャスダックを上場廃止となり、同年9月に民事再生手続きに入ったとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。